bicerin

NEWS

Column

La Storia, dal 1763
quando l’acquacedratario Giuseppe Dentis apre la sua piccola bottega nell’edificio di fronte all’ingresso del Santuario della Consolata. Il locale all’epoca era arredato semplicemente, con tavole e panche di legno. 

  • INSINS
  • facebookfacebook

Bicerinのグランドメニュー⑥ 伝統のチョコレートサンドイッチ「プッチーニ」

Bicerinのグランドメニューで人気のチョコレートサンドイッチ「プッチーニ」
こだわって厳選されたミルクチョコレートとビターチョコレートを贅沢に使用したホットサンドイッチで、くちどけ滑らかに溶け出すチョコレートの風味がチョコ好きにはたまらない逸品です。

さて、名前の由来になった「プッチーニ」ですが、皆様も「名前だけは聞いたことある」という方も多いと思います。
実は19世紀から20世紀初頭にかけて活躍したイタリア人のオペラ作家です。
ジャコモ・アントニオ・ドメニコ・ミケーレ・セコンド・マリア・プッチーニと大変長い本名をお持ちです。
トスカーナ地方のルッカで生まれ、代表作に『トスカ』『蝶々夫人』『ラ・ボエーム』などがあげられます。
実はオペラ『ラ・ボエーム』の作中でカフェ・モミュスというカフェが登場するのですが、そのモデルとなったお店は何を隠そうBicerinなのです。プッチーニが『ラ・ボエーム』の創作活動をしていた時期はBicerinのあるトリノに滞在していたという記録が残っていることから、オペラ通の間では有名なお話です。

オペラ通のお客様がBicerinにいらした際は、ぜひチョコレートサンドイッチ「プッチーニ」をお試しください。カフェ・モミュスの味がそこにはあるかもしれません。

 

2020.08.26

FOOD & BEVERAGE