bicerin

NEWS

Column

La Storia, dal 1763
quando l’acquacedratario Giuseppe Dentis apre la sua piccola bottega nell’edificio di fronte all’ingresso del Santuario della Consolata. Il locale all’epoca era arredato semplicemente, con tavole e panche di legno. 

  • INSINS
  • facebookfacebook

ビチェリンを愛した文豪 ヘミングウェイ

American writer Ernest Hemingway.

『誰がために鐘は鳴る』『武器よさらば』などで知られるアメリカ人の小説家。『老人と海』ではノーベル文学賞を受賞した世界的に知られる文豪です。

酒豪としても有名だった彼は、キューバで通ったバーの「ラ・フロリディータ」に愛飲していたダイキリのへミングウェイオリジナルのレシピが残っており、パパダイキリと呼ばれています。また、ボデギータ・デル・メディオではモヒートを愛飲。その他マティーニやジントニックなど、彼のこだわりのレシピが世界各地に残っています。

イタリアやフランスをこよなく愛したヘミングウェイは、コーヒーに関してもあちこちに行きつけのお店を持っていました。トリノのBicerinのほか、ベネチアのハリーズバーやカフェフローリアン、パリのクローズリー・デ・リラのカフェ・クレームもお気に入りだったようです。アフリカのサファリのテントでコーヒーを飲みながら読書をする写真などもあり、コーヒーはこよなく愛していました。
ミラノに長らく住んでいた彼は、ミラノを離れた後トリノに滞在したといわれています。トリノではBicerinを度々訪れて、ビチェリンを愛飲。「世界に残すべき100のもの」に加えたといわれています。

こだわりの強い文豪に愛された「ビチェリン」を飲みながら、彼の作品を読みふけるのはとても贅沢な時間になるかもしれません。

 

 

 

2021.04.22

HISTORY & CULTURE